国内と国外に取引所は色々あるけど、それぞれに何が違うの?

国内と国外の取引所の違いについて

現在、世界中で幅広く取引が行われている仮想通貨。今や、インターネットを使って日本にいながら海外の取引所で仮想通貨の取引を行えるようになりました。
ところで、国内と国外の取引所の違いはいったい何なのでしょうか。
国外の仮想通貨の取引所は国内の仮想通貨の取引所と比べて取り扱っている仮想通貨の種類が豊富です。また、国内取引所では仮想通貨の取引手数料は高くなりがちですが、国外の取引所では少ない手数料で仮想通貨を取引できるだけでなく、指値注文など国内の取引所では行わない応用性の高い取引を行えます。
総じてみると国内の取引所より国外の取引所の方が仮想通貨で資産を増やしやすい環境が整っていると言えます。
これだけ見ると国外の取引所が有利なのでしょうか。

安定感なら国内の取引所が優位

しかし、国内の取引所にもメリットがたくさんあります。
まず、国外の取引所は多くの種類の仮想通貨を扱っていますが、逆に言えば信頼性の低い仮想通貨を取引して失敗するという危険性もあります。
また、基本的に国外の仮想通貨の取引所は英語で表記されている事がほとんどです。日本語表記に対応している国外の取引所もありますが基本的には英語の読解能力が必要になってきます。
それに対して国内の取引所では信頼性の高い仮想通貨だけを取引しているので安定して資産を運用することができ、日本語で表記されているので情報を国外の取引所よりスムーズに得ることができます。
資産の安定運用を目指すなら国内の取引所、資産を効率的に増やしたいのであれば国外の取引所を利用すると思い通りの資産運用ができますよ。