ICOって何?仮想通貨と新規トークンの関係

ICOはどういう意味?

ICOとはInitial Coin Offeringの略で新規公開株の仮想通貨版です。
一般的な公開株は証券会社を通す必要がある上に、その審査もとても厳しいです。
一方、ICOは株のように規制がない上に、審査も必要ないので、すぐに発行して資金調達が可能になります。つまり、株のように資金調達にかかる時間や労力を短縮できるメリットがあります。
また、会社だけでなく個人や団体も発行可能なので、株に比べてはるかに手軽に資金調達ができるのが特徴です。しかし、誰でも手軽に発行ができるので詐欺まがいのICOを発行する人もいるので注意が必要です。さらに言うと、国の規制が入るとICOの最大のメリットである手軽さが失われる恐れもあります。

新規トークンが仮想通貨と相性がいい理由

仮想通貨は中央機関が存在せず、取引も個人対個人がメインになっています。なので、お互いの距離が仕組み的にも心理的に近いと言えます。
そして、仮想通貨で購入するICOはトークンというものを発行することで資金調達をします。なので、芸術家やアーティストみたいなアートやエンターテイメントの分野で活躍する人が活動資金を集めるために新規トークンを発行して、ファンがそれを買って応援するという流れが成立しやすいといえます。
だからこそ、距離が近い仮想通貨と手軽な新規トークンは相性がいいと言えます。
ちなみに新規トークンは株のように売却ができる上に、配当金やサービスを受けることもできます。つまり、新規トークンは株のように投資や配当金が貰えるのに、とても手軽という特徴があります。